カテゴリー別アーカイブ: メンバーの活動

Photo/synthesis以外での活動について

《閉廊前夜に開催!》身体のワークショップのお知らせ

「閉廊前夜」の6月24日(土)19時より、メンバー村田による「リアル身体」のワークショップを(ゆる〜く)開催いたします。

「手足の指をケアしてみよう!!」

手足の指は、全身のバランスと密接な関係があります。

意外と疲れがたまっている手の指&足の指を自分でケアしてみましょう!

ぽかぽかしてきたり、軽くなったり、姿勢が良くなったりするかも😊

難しいことはやりません。
閉廊前夜にこの場所にお越しになれる皆さんに、緩んで、和んで、ほっこりしていただければと思っております🌿

どなたもお気軽にご参加ください。

■ナビゲーター:村田都(Gallery Photo/synthesisメンバー)
ボディワーカーa.k.a.「温かい手」

■日時:《閉廊前夜》2017年6月24日(土) 19時〜

■参加費:無料

■参加について:

当日19時、その場に集まった方でゆるーく始める予定。

特に連絡は不要。

※手足の指を触ります。気になる方は、五本指ソックスやウエットティッシュなど、各自でご用意ください。

あなたの「手」を貸してください✋

メンバーの村田です。

この三年の間に、身体関係のワークショップをギャラリーで何度も開催できたわけではありませんでしたが、最後の機会なのでクローズ展の期間中にできる範囲で「リアル身体」関係の試みを個人的に実践いたします。

「自分の《手》を貸してもいいよ!」っていう方、募集します😊

今、すごく「手」に興味を持っています。
「足」ももちろんですが、「手」の指や手首も、全身のバランスに深く関わっているんですよ!

勉強のために、いろんな人の「手」を触りたい…

一人一人の顔が違うように、身体の部分も人によって様子が違いますので、
たくさんの人の手を実際に触らせていただいて、そういうことを観察・触察してみたいのです。

会場にいる時、ご希望の方と短いセッションをしてみようかなー、なんて思ってます。

セッションと言っても、10分くらいを目安に、手を触らせていただきながらお話でも…みたいな気軽なイメージです😊

あくまでも「勉強のため」ですので、お代などはいただきません✨ 無料です!

触っているうちに、肩こりがほぐれてきたり、温かくなったり、呼吸が楽になったり、「あれあれ?!」っていうことが起こるかも!?✨

「《手》を貸してみよう!」と思っていただけた方は、会場で村田を見かけたら、是非お声がけくださいね。

お問い合わせ✉️などは info@atatakai-te.com まで
お気軽にどうぞ🎶

★ボディワーカー村田のサイト「温かい手」
http://atatakai-te.com/

今のところの在廊予定は
6月10日(土) 15時頃〜
11日(日) 13時頃〜
18日(日) 15時頃〜
24日(土)13時頃〜  ※24日はまだ内容を詰めていませんが、閉廊後の19時頃から簡単な身体に関するワークショップのようなことをやってみようかと思っています。
25日・最終日(日)14時頃〜

在廊予定の変更など、随時Twitterなどで発信いたします。
「温かい手」のアカウントをチェックしてみてください!

FUKUSHIMA 2011-2017 Tsutomu Otsuka @ SOUND GALLERY, Berlin

2017年1月、ベルリンで行う大塚勉写真展です。

2011年〜2016年までの福島、東京、浦安などの写真で作品数は大、小、合わせて88点。
最初の写真は津波で堤防が壊れた風景で背景に東電広野火力発電所があります。
撮影は2016年11月、福島県楢葉町。

次は父が戦前、呉の写真館で撮影した写真、鮮明ではないですが背景は津波で流された記念写真。
金色に見えるのはバライタ印画紙の銀塩を「泥」で処理し写真が時間の経過で銀化して行く過程を意図的に作った写真で、「記録」と「記憶」と「物」としての写真を表しています。

FUKUSHIMA 2011-2017

Photo exhibition of Tsutomu Otsuka

With Sound exhibition

Four variations based on FUKUSHIMA 2011-2017

2017 Jan. 8. (Sun)
Jan. 15 (Sun)
Jan. 22 (Sun)
Jan. 29 (Sun)

Tsutomu Otsuka is creating works of human skin. He started from female nude and now engaged in the work cooled “Trans Body”. It is structured in the montage from. The subject uses the hermaphrodite. It is selected from the dark room and the pieces of man and woman are jointed under the principal of male and female. Those hermaphrodites wondered in the dark room, reaching the infinity. Like the unfinished original ectoplasms, they look like swaying weightless between the projections of supersonic wave fault and constellations. Reflecting the blood flow, which crosses heart, these bodies bear blue marks. This mark symbolizes another standard of separation. In the world of mankind, axis of man and woman crosses the axis of the small space and the giant universe. That is because, for him, the hermaphrodite is the subject of a search of a, bivalent values and also the problem for the measurement. “Trans Body”by STEFAN LEVY KUNZ

Tohoku earthquake and tsunami were happen in 2011 March 11th.
I was starting my photos series about FUKUSHIMA after that.
15,891 deaths have been confirmed by this disaster.
Oddly strangely, rescue party the rescue parties were searching to victim, gradually they also starting looking for photograph buried by flood damage.
Those were memory of lost families and proof of missing lives.
And those pictures had been metamorphosed by chemical reaction in the mud.
Especially, they fascinated me, because I already have interest in chemical change of emulsion of printed photo paper by mud since 1992.
I tried to many empirical how to change in quality pictures in the mud, swamp.
That’s why; I cannot overlook those photos those are rescued from the disaster.
Those emulsions are exfoliated and changed in appearance.
Even if, they were lost their family, I could accept strong memory that kept.

About my landscape in FUKUSHIMA;
Nuclear accidents of FUKUSHIMA has made graved pollute and zone.
The situation of pollution has not changed anything still now. Even thought although forest, fields, dwelling, lake, marshy and mud.
Landscape where everything is with radioactive material, then nothing changes.
I was entered this zone since 2014. I took landscape without human being. I just took branches, leaves, earth are totally contaminated.

FUKUSHIMA by Tsutomu Otsuka

 

About Sound exhibition

Four the variations music based on FUKUSHIMA 2011-2017 for each sunday during in Jan 2017.

Musicians for the sound of FUKUSHIMA

Daniel Menche

Rudolf Eb.er

ILIOS

 

Hiroshi Hasegawa

Keiko Higuchi

Tetsuo Furudate

 


ohrenhoch
der Geräuschladen
Weichselstr. 49
D-12045 Berlin-Neukölln
Knut Remond Katharina Moos
http://www.ohrenhoch.org 
http://www.ohrenhoch.berlin
E-mail: info@ohrenhoch.org

Hörgalerie jeden Sonntag 14 – 21 Uhr
Soundgallery every Sunday 2 pm – 9 pm
Anfahrt / Public transport: U7 Rathaus Neukölln, U8 Hermannplatz, Bus M41 Fuldastr.

「写真の地平」展(大塚勉)

「写真の地平」展に参加してます。

出品作品は印画紙を新潟の雪の中に12月から4月まで埋めた写真で、サイズは1m10cmx1m80cmです。

 

展示期間 2016年11月30日(水)〜12月11日(日) (定休日/月曜日)

展示時間 13時〜20時

場所   HIGURE17-15 cas2F(東京都荒川区西日暮里3−17−15)

イベント

  • オープニングレセプション 12月3日(土) 17時〜20時
  • 大塚勉による実験映画・参加作家スライドショー  12月10日(土)17時~20時