タグ別アーカイブ: 小川周佑

Gallery Photo/synthesis クローズ展「水無月閉廊」

2017年6月4日(日)~6月25日(日) 金土日のみオープン
13:00~19:00

2014年8月1日、四谷四丁目にオープンしましたGallery Photo/synthesis
は、6月をもちまして閉廊いたします。ギャラリーのクローズにあたり、
展示作家を集めた展覧会を開催いたします。ベテラン作家から新人作家まで
3年の間に、展示した作家の作品が一堂に会します。

出品作家
須田一政、関口正夫、西村陽一郎、伊藤成、鈴木杏子、kucci、三浦和人
宮崎皓一、小川周佑、平賀淳、大塚勉、後藤元洋、村田都 etc.

Gallery Photo/synthesisは、3.11によって再認識した、記憶と身体を核として、
「写真と身体」をテーマとした3年という期間限定のコンセプトギャラリーでした。

また、作家自身が企画運営を行うインディペンデントでオルタナティブなスペースで、
なおかつ、コンセプトギャラリーであるという独自な展開をしてきました。

展示内容も写真、映像、美術、パフォーマンス、など横断的な表現領域を、
また、「トークショー」「ポートフォリオレビュー」「映像の実験」 「Photo cafe」
「写真市 Photo Marche」「Photo fes」 「自主ギャラリーの系譜資料展」など
多岐にわたるイヴェントも開催しました。

クローズ展をご覧頂き、改めてGallery Photo/synthesisの3年間の活動を
記憶に残していただければ幸いです。

■関連イベント
・《Gallery Photo/synthesis最後の晩餐会のお誘い》

・《閉廊前夜に開催!》身体のワークショップのお知らせ

 

《閉廊前夜に開催!》身体のワークショップのお知らせ

—————————————-

Gallery Photo/synthesis 閉廊、活動の終了のお知らせ

2014年8月1日、四谷四丁目にオープンしましたGallery Photo/synthesisは
オープン当初の予定どうり、2017年6月をもちまして閉廊いたします。

Gallery Photo/synthesisクローズ展「水無月閉廊」6月4日(日)~6月25日(日)
以上の展示にてGallery Photo/synthesis の活動を終了いたします。

Gallery Photo/synthesisは、3.11によって再認識した、記憶と身体を核として、
「写真と身体」をテーマとしたコンセプトギャラリーとして展開してきました。

展示もすべてメンバーによる企画展、(須田一政展、関口正夫展なども)
メンバー企画による「トークショー」 「Photo cafe」 「写真市 Photo Marche」
「ポートフォリオレビュー」 「映像の実験」 「自主ギャラリーの系譜資料展」
など開催しました。

3年弱の期間ではありましたが、展示(写真・映像・美術)、企画、イベントなど
横断的な表現の場として展開することができました。

また、ギャラリー活動による、多くの出会いはメンバー個々のこれからの活動
の糧となるでしょう。

多くの皆様に、ご支援、ご協力いただきましたことを深く感謝いたします。
ありがとうございました。

Gallery Photo/synthesis メンバー
平賀淳、大塚勉、後藤元洋、村田都

 

《プロジェクション&トーク》小川周佑 「〜もう1つのイラク、2つのエジプト」

2013年秋、作家本人が訪れたイラク北部・クルド人自治区と、同時期に訪れた、民主化革命と軍部によるクーデターを経たエジプトに関する、プロジェクション&トーク。

2014年10月24日(金)19:00-21:00

Admission:¥500 [1 Drink]

定員:20名
※会場スペースの関係上、参加人数に限りがありますので、ご了承ください。

ご予約は、お名前・メールアドレスをご明記の上、下記アドレス宛にお申し込みください。(担当:後藤)  goto@gallery-photosynthesis.com

内容:
紛争の最前線として語られるイラクの中、例外的に安定した治安を維持し、将来的な独立を睨むクルド人自治区とは?
民主化革命と軍部によるクーデター、相反する2つの政治的変動を経たエジプトに起きた国民の意識の変化とは?

被害/加害の文脈で語られる事の多い当該地域に関して、あくまで一個人である作家本人が捉えた地域に関する印象、考えといったものや、ジャーナリストや研究者でない個人がそういった地域に行くということそのものについて、語れればと考えています。

【小川周佑 Ogawa shusuke】

1985年神奈川県生まれ
2011年東京大学文学部卒業
2014年東京綜合写真専門学校卒業

大学在学中より中東、中央アジア等を放浪し、2011年シリア・ダマスカスを経つその日に、内戦の引き金となる首都での暴動のまさにその現場を目にしたことをきっかけに、写真や、中東地域に関するノンフィクションを志す。

グループ展 2014年2月「循環と断片」 Gallery NIW