タグ別アーカイブ: 企画展

須田一政写真展 「Hitchcockian」

Gallery Photo/synthesis  presents
須田一政写真展

「Hitchcockian」

2016年 9月4日(日)~9月25日(日)
金・土・日 開廊 (9/22 木は開廊)
13:00~19:00

須田一政 「Hitchcockian」は2006年に制作されたまま発表されることなく眠っていた作品である。
今回 10年の時を経てGallery Photo/synthesisで日の目を見ることとなりました。

 サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコック。その映像は何度見ても飽きること無く、私が最も魅了される監督の一人である。
  彼はある小論で「目をつぶって視覚化せよ」と述べた。彼のイメージによって作り出された背景、その背景の中でストーリーを運ぶ人物が彼の思惑通りに駒を進めていく。作品に偶然はない。コーヒーカップ一つにも暗示的な意味を持たせ、見る側は無意識に彼の仕掛けにはめられるのである。
  その仕掛けの分解を私なりに試みたのが今回の作品だ。ストーリーを排除し、流れを止めて、自分のかかった罠を確かめる。執拗なまでのこだわりによって並べられた小物からは濃厚なフェティシズムの香りが漂い、私たちは見ていたものがヒッチコックの脳の内部だったことを思い知る。

  「Hitchcockian(ヒッチコキアン)」は一人のヒッチコックファンである「私のコレクション」であり、ヒッチコックファンに捧げるもう一つの楽しみ方である。

2006年  須田一政

*この作品群は2006年に写真展を企画しながらも、そのまま今日まで寝かせていたものである。

発表にあたり、作品もテキストもあえて当時のままとした。

媒 体   カラーコピー・タイプCプリント

スライドショーには JavaScript が必要です。

須田一政写真展「筋膜」

Gallery Photo/synthesis初の企画展として、須田一政写真展「筋膜」を開催いたします。

今回の展示は、須田一政氏がその自宅と家族のみを撮った写真で構成されたものとなります。

期日:5月1日(金)~31日(日)

*月~水曜休廊 但し、4日(月)~6日(水)は開廊

時間:13:00~19:00

★予定されていたトークショウは中止になりました。

ーーーーーーーーーーー

須田一政の「筋膜」が見たいと思った。
Gallery Photo/synthesisの初の企画展として、とんでもないお願いをした。

筋膜とは頭から指先まで全身を包み込んでいる膜です。
白く薄いラバースーツのようなものです。

筋膜といいますが筋肉だけでなく、骨や内蔵、血管、神経など身体の
あらゆるものを包み込み支えていて、全身にネットワークを張り巡らせています。

また、筋膜は支持器官であると同時に記憶器官でもあります。
興奮や感動は自律神経を通じて筋肉反応を引き起こし、それが繰り返されると
その反応に合わせて筋肉が変形し、筋膜に記憶されます。

筋膜はその人の生活や習慣や行動や心の動きを、
写真のフィルムのように記録する身体のフィルムです。

この展示会場は須田一政の筋膜の内部です。
壁面にある写真を通して須田の筋膜を感じることが出来ればと思います。

そして、この展示から、須田の外部、「他者」「街」の写真に思いを馳せる
ことが出来ればと思います。

このような企画にこころよく協力頂いた須田一政さんに心より感謝いたします。

Gallery Photo/synthesis
後藤元洋

img072

img073