タグ別アーカイブ: グループ展

Gallery Photo/synthesis クローズ展「水無月閉廊」

2017年6月4日(日)~6月25日(日) 金土日のみオープン
13:00~19:00

2014年8月1日、四谷四丁目にオープンしましたGallery Photo/synthesis
は、6月をもちまして閉廊いたします。ギャラリーのクローズにあたり、
展示作家を集めた展覧会を開催いたします。ベテラン作家から新人作家まで
3年の間に、展示した作家の作品が一堂に会します。

出品作家
須田一政、関口正夫、西村陽一郎、伊藤成、鈴木杏子、kucci、三浦和人
宮崎皓一、小川周佑、平賀淳、大塚勉、後藤元洋、村田都 etc.

Gallery Photo/synthesisは、3.11によって再認識した、記憶と身体を核として、
「写真と身体」をテーマとした3年という期間限定のコンセプトギャラリーでした。

また、作家自身が企画運営を行うインディペンデントでオルタナティブなスペースで、
なおかつ、コンセプトギャラリーであるという独自な展開をしてきました。

展示内容も写真、映像、美術、パフォーマンス、など横断的な表現領域を、
また、「トークショー」「ポートフォリオレビュー」「映像の実験」 「Photo cafe」
「写真市 Photo Marche」「Photo fes」 「自主ギャラリーの系譜資料展」など
多岐にわたるイヴェントも開催しました。

クローズ展をご覧頂き、改めてGallery Photo/synthesisの3年間の活動を
記憶に残していただければ幸いです。

■関連イベント
・《Gallery Photo/synthesis最後の晩餐会のお誘い》

・《閉廊前夜に開催!》身体のワークショップのお知らせ

 

《閉廊前夜に開催!》身体のワークショップのお知らせ

—————————————-

Gallery Photo/synthesis 閉廊、活動の終了のお知らせ

2014年8月1日、四谷四丁目にオープンしましたGallery Photo/synthesisは
オープン当初の予定どうり、2017年6月をもちまして閉廊いたします。

Gallery Photo/synthesisクローズ展「水無月閉廊」6月4日(日)~6月25日(日)
以上の展示にてGallery Photo/synthesis の活動を終了いたします。

Gallery Photo/synthesisは、3.11によって再認識した、記憶と身体を核として、
「写真と身体」をテーマとしたコンセプトギャラリーとして展開してきました。

展示もすべてメンバーによる企画展、(須田一政展、関口正夫展なども)
メンバー企画による「トークショー」 「Photo cafe」 「写真市 Photo Marche」
「ポートフォリオレビュー」 「映像の実験」 「自主ギャラリーの系譜資料展」
など開催しました。

3年弱の期間ではありましたが、展示(写真・映像・美術)、企画、イベントなど
横断的な表現の場として展開することができました。

また、ギャラリー活動による、多くの出会いはメンバー個々のこれからの活動
の糧となるでしょう。

多くの皆様に、ご支援、ご協力いただきましたことを深く感謝いたします。
ありがとうございました。

Gallery Photo/synthesis メンバー
平賀淳、大塚勉、後藤元洋、村田都

 

「写真の地平」展(大塚勉)

「写真の地平」展に参加してます。

出品作品は印画紙を新潟の雪の中に12月から4月まで埋めた写真で、サイズは1m10cmx1m80cmです。

 

展示期間 2016年11月30日(水)〜12月11日(日) (定休日/月曜日)

展示時間 13時〜20時

場所   HIGURE17-15 cas2F(東京都荒川区西日暮里3−17−15)

イベント

  • オープニングレセプション 12月3日(土) 17時〜20時
  • 大塚勉による実験映画・参加作家スライドショー  12月10日(土)17時~20時

 

ギャラリーメンバー写真展「Self Archive」

 2016年 8月18日(木)~28日(日)
月・火・水 休廊
13:00-19:00開廊日 8/18,19,20,21,25,26,27,28.平賀淳・大塚勉・後藤元洋・村田都作家の家は美術館の収蔵庫のようなものだ。
豊富な展示経験を持つギャラリーメンバーが、今まで行った展覧会から
展示写真の一部(没写真、コンタクトプリント、ワークプリント、試し焼き
展覧会準備の際のメモ、DMの版下、作品制作のメモなども)や
手元にある過去の作品をランダムに会場に展示してみようという試み。
写真の読み直し。写真の発掘。写真の生成。写真というイメージの氾濫。

self archive“WDM

「写真市 Photo Marche」-作家によるオリジナルプリント販売会-について

フォトフェス最後の企画「写真市 Photo Marche」は、「オルタナティブ」な「インディペンデントギャラリー」
ならではの試みです。

Gallery Photo/synthesisは商業ギャラリーではありませんので、
店員もお客様もいません。そこにいるのは、「作家」と「写真を愛する人」たちです。

この企画の副題は「作家によるオリジナルプリント販売会」です。
展示している作品の価格は出品作家が自分自身で決めた価格です。
ギャラリーが商業的商店として決めた値段ではありませんので、
いわゆる業界の「相場」的なものは関係ありません。

写真市のコピーは、
「部屋にかけやすいサイズ、買いやすい値段」に設定して、
たくさんの方に写真作家の作品を気軽に「持って」「飾って」、
そのことを「味わって」いただくきっかけを作ろう!という試みです」

各作家にはそのことをご理解いただき出品していただきました。
展示している作品は商業ギャラリーでは見ることの出来ない作品であふれています。
価格も作品も「作家」と「写真を愛する人」たちのためのものです。
ですから、ただ、写真という商品を購入するということではなく、
作家や写真のことに想いを巡らせていただければと願います。

商業ギャラリーの店員とお客様という関係ではなく、
「作家」と「写真を愛する人」たちが写真を楽しむ機会になればとおもいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「写真市 Photo Marche」-作家によるオリジナルプリント販売会-

2016年3月5日(土)〜3月26日(土) 土日のみオープン 13:00〜19:00

《出品作家》(敬称略)
須田一政 大西みつぐ 関口正夫
宮崎皓一 西村陽一郎 荒井崇
西山浩一 河野哲也 遠藤年勇
小川周佑 トキタシオン 大橋玄
伊藤楚笛 岸端芽子 杉林里美
小中 一輝 平賀淳 大塚勉
後藤元洋 村田都

 

写真市 Photo Marche – 作家によるオリジナルプリント販売会

2016年3月5日(土)〜3月26日(土) 土日のみオープン
13:00〜19:00

レセプション・パーティー 3月5日(土)18時〜

「部屋にかけやすいサイズ、買いやすい値段」に設定して、たくさんの方に写真作家の作品を気軽に「持って」「飾って」、そのことを「味わって」いただくきっかけを作ろう!という試みです。

《出品作家》(敬称略)
須田一政 大西みつぐ 関口正夫
宮崎皓一 西村陽一郎 荒井崇
西山浩一 河野哲也 遠藤年勇
小川周佑 トキタシオン 大橋玄
伊藤楚笛 岸端芽子 杉林里美
小中 一輝 平賀淳 大塚勉
後藤元洋 村田都