タグ別アーカイブ: イベント

あなたの「手」を貸してください✋

メンバーの村田です。

この三年の間に、身体関係のワークショップをギャラリーで何度も開催できたわけではありませんでしたが、最後の機会なのでクローズ展の期間中にできる範囲で「リアル身体」関係の試みを個人的に実践いたします。

「自分の《手》を貸してもいいよ!」っていう方、募集します😊

今、すごく「手」に興味を持っています。
「足」ももちろんですが、「手」の指や手首も、全身のバランスに深く関わっているんですよ!

勉強のために、いろんな人の「手」を触りたい…

一人一人の顔が違うように、身体の部分も人によって様子が違いますので、
たくさんの人の手を実際に触らせていただいて、そういうことを観察・触察してみたいのです。

会場にいる時、ご希望の方と短いセッションをしてみようかなー、なんて思ってます。

セッションと言っても、10分くらいを目安に、手を触らせていただきながらお話でも…みたいな気軽なイメージです😊

あくまでも「勉強のため」ですので、お代などはいただきません✨ 無料です!

触っているうちに、肩こりがほぐれてきたり、温かくなったり、呼吸が楽になったり、「あれあれ?!」っていうことが起こるかも!?✨

「《手》を貸してみよう!」と思っていただけた方は、会場で村田を見かけたら、是非お声がけくださいね。

お問い合わせ✉️などは info@atatakai-te.com まで
お気軽にどうぞ🎶

★ボディワーカー村田のサイト「温かい手」
http://atatakai-te.com/

今のところの在廊予定は
6月10日(土) 15時頃〜
11日(日) 13時頃〜
18日(日) 15時頃〜
24日(土)13時頃〜  ※24日はまだ内容を詰めていませんが、閉廊後の19時頃から簡単な身体に関するワークショップのようなことをやってみようかと思っています。
25日・最終日(日)14時頃〜

在廊予定の変更など、随時Twitterなどで発信いたします。
「温かい手」のアカウントをチェックしてみてください!

「写真市 Photo Marche」-作家によるオリジナルプリント販売会-について

フォトフェス最後の企画「写真市 Photo Marche」は、「オルタナティブ」な「インディペンデントギャラリー」
ならではの試みです。

Gallery Photo/synthesisは商業ギャラリーではありませんので、
店員もお客様もいません。そこにいるのは、「作家」と「写真を愛する人」たちです。

この企画の副題は「作家によるオリジナルプリント販売会」です。
展示している作品の価格は出品作家が自分自身で決めた価格です。
ギャラリーが商業的商店として決めた値段ではありませんので、
いわゆる業界の「相場」的なものは関係ありません。

写真市のコピーは、
「部屋にかけやすいサイズ、買いやすい値段」に設定して、
たくさんの方に写真作家の作品を気軽に「持って」「飾って」、
そのことを「味わって」いただくきっかけを作ろう!という試みです」

各作家にはそのことをご理解いただき出品していただきました。
展示している作品は商業ギャラリーでは見ることの出来ない作品であふれています。
価格も作品も「作家」と「写真を愛する人」たちのためのものです。
ですから、ただ、写真という商品を購入するということではなく、
作家や写真のことに想いを巡らせていただければと願います。

商業ギャラリーの店員とお客様という関係ではなく、
「作家」と「写真を愛する人」たちが写真を楽しむ機会になればとおもいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「写真市 Photo Marche」-作家によるオリジナルプリント販売会-

2016年3月5日(土)〜3月26日(土) 土日のみオープン 13:00〜19:00

《出品作家》(敬称略)
須田一政 大西みつぐ 関口正夫
宮崎皓一 西村陽一郎 荒井崇
西山浩一 河野哲也 遠藤年勇
小川周佑 トキタシオン 大橋玄
伊藤楚笛 岸端芽子 杉林里美
小中 一輝 平賀淳 大塚勉
後藤元洋 村田都

 

写真市 Photo Marche – 作家によるオリジナルプリント販売会

2016年3月5日(土)〜3月26日(土) 土日のみオープン
13:00〜19:00

レセプション・パーティー 3月5日(土)18時〜

「部屋にかけやすいサイズ、買いやすい値段」に設定して、たくさんの方に写真作家の作品を気軽に「持って」「飾って」、そのことを「味わって」いただくきっかけを作ろう!という試みです。

《出品作家》(敬称略)
須田一政 大西みつぐ 関口正夫
宮崎皓一 西村陽一郎 荒井崇
西山浩一 河野哲也 遠藤年勇
小川周佑 トキタシオン 大橋玄
伊藤楚笛 岸端芽子 杉林里美
小中 一輝 平賀淳 大塚勉
後藤元洋 村田都

「フォトフェス」イベント企画(Photo cafe)「Cafe synthesis カフェ・シンセシス」

いよいよ「フォトフェス」やりますよ!!

★イベント企画(Photo cafe)
「Cafe synthesis カフェ・シンセシス」

2月7日(日)16:00~19:00
1日限定写真展 メンバーによる発掘写真展
写真展経験の豊富なフォトシンセシスメンバーによる
自己セレクトによる発掘写真展
入場無料

2月13日(土)15:00~19:00
映像の実験
写真をメインに制作しているフォトシンセシスメンバーの映像作品の上映
fee \1000円(1drink付き)  チケット半券により当日に限り再入場可

メンバーが撮った映像をギャラリー壁面に上映
上映映像はまとまったものばかりでなく、断片的なものも
映像というイメージの氾濫。時間感覚。写真(スチール)との差異。
上映はVJ(ヴィデオジョッキー)的なライブショー形式

2月20日(土)16:00~19:00
「自主ギャラリーの系譜」
1985年から2000年の自主ギャラリーの貴重な資料を展示
PAX Gallery さくら組 街道 FROG Moleなど
入場無料

PAX Gallery FROG Moleの資料を中心に展示

※ドリンク販売あり。小銭をご用意下さい。

ーーーーーーーーーー

「cafe」いうのは、ウィーンやパリでの文化人、芸術家、思想家、革命家、などが
交流したり議論したりした場という意味を表します。

日本でも80年代からオルタナティブな「cafe」が随所に出現し、
ギャラリーや大学寮やアパートの一室で不定期に開かれていました。
自主ギャラリーというのも、その一翼を担っていました。

Cafe synthesisへ、気軽に遊びに来てください。
飲んだり、話したり、写真(集)を見たりしましょう。
お待ちしています。

ーーーーーーーーーーー

2月7日(日)はメンバーが過去の行った展示作品から、
展示写真の一部(没写真、コンタクトプリント、ワークプリント、試し焼き、
展覧会準備の際のメモ、DMの版下、作品制作のメモなども)
手元にある過去の作品をランダムに会場に展示してみようという試み。
写真というイメージの氾濫。ギャラリーという空間。
✴︎バーカウンターを設置

2月13日(土)メンバーが撮った映像をギャラリー壁面に上映
上映映像はまとまったものばかりでなく、断片的なものも
映像というイメージの氾濫。時間感覚。写真(スチール)との差異。
上映はVJ(ヴィデオジョッキー)的なライブショー形式

「フォトフェスやります!」

Gallery Photo/synthesisが発足して1年と少し経ちました。

ギャラリーをオープンしてから色々なことがありました。
昨年(2015)は多難な年でした。安保法案・原発再稼動・収まることのないテロ、空爆(パリフォトの中止)・異常気象…

そんな今だからこそ、お祭りを、楽しみを、平和を!

オルタナティブなインディペンデントギャラリーGallery Photo/synthesisは、
そんな今だからこそ、「フォトフェスやります」。
どなた様も、奮ってご参加下さい!!

(第一部)2016年2月 ポートフォリーレビュー
(第二部)2016年3月 写真市開催

2月〜3月の会期中、写真カフェをオープン(不定期・日程は決まり次第発表)

●ポートフォリオレビュー

定員制・予約制のワークショップ形式
展示・発表活動の経験豊富なPhoto/synthesisメンバーの面々による多角的・実用的なアドバイスがみっちり受けられます。
ポートフォリオレビューの参加者は、3月にギャラリーにて開催される「写真市」に作品を出品できます。
(番外編?!肩こり、腰痛、不定愁訴などの身体的なお悩みがあれば、セラピストの村田が対応いたします♪)

〈ポートフォリオレビュー開催日〉
2016年 ①2月6日(土)  ②2月14日(日)
時間:13時~18時(終了後、ギャラリーにて懇親会)
各回:定員5名
参加費 各回3000円
申し込み:メールにて事前予約 info@gallery-photosynthesis.com
(参加希望日、名前、メールアドレスを明記してください)

レビュワーからのメッセージはコチラ10533706_1444436105832285_2813564692693944913_n

●写真市(3月)

「部屋にかけやすいサイズ、買いやすい値段」に設定して、たくさんの方に写真作家の作品を気軽に「持って」「飾って」、そのことを「味わって」いただくきっかけを作ろう!という試みです。

新人作家のプレゼンテーション
著名写真家出品予定

●写真カフェ(2月、3月の間で不定期・随時開催 ※詳細は決まり次第発表)

Cafe Synthesis(カフェ・シンセシス) 
入場チャージ(1ドリンク付き)1000円 再入場可(チケット半券見せる)

☆各日、テーマを決めてトークやスライドショー、映像の上映、写真集の展示など(プログラム)を予定

☆一般希望者への壁面の開放(ワンデイ展示)
→「その日限りの展示」してみませんか?

※ワンデイ展示可能日:2月6日(土)、14日(日)を除く2月の土日
時間: 13時~17時(17時以降はCafe になりますがCafe 終了まで展示可)
会場費:1万円(1日)

展示希望者は事前にメールにて申し込み info@gallery-photosynthesis.com
詳細はお問い合わせください。

とりあえず以上です。
(詳細が決まり次第、随時更新していきます。)