作成者別アーカイブ: ps

《Gallery Photo/synthesis最後の晩餐会のお誘い》

写真界の名料理人、三浦和人さん(牛腸 茂雄さん、関口正夫さんとコンポラ写真をリード)の手料理による晩餐会を開催します。

若干名の参加を募集しています。

日時:2017年6月4日(日)午後7時より
会場:Gallery Photo/synthesis
会費 ¥1.000.

予約制です。

予約は以下メールアドレスへお願いします。

info@gallery-photosynthesis.com

定員になりしだい予約終了いたします。

Gallery Photo/synthesis クローズ展「水無月閉廊」

2017年6月4日(日)~6月25日(日) 金土日のみオープン
13:00~19:00

2014年8月1日、四谷四丁目にオープンしましたGallery Photo/synthesis
は、6月をもちまして閉廊いたします。ギャラリーのクローズにあたり、
展示作家を集めた展覧会を開催いたします。ベテラン作家から新人作家まで
3年の間に、展示した作家の作品が一堂に会します。

出品作家
須田一政、関口正夫、西村陽一郎、伊藤成、鈴木杏子、kucci、三浦和人
宮崎皓一、小川周佑、平賀淳、大塚勉、後藤元洋、村田都 etc.

Gallery Photo/synthesisは、3.11によって再認識した、記憶と身体を核として、
「写真と身体」をテーマとした3年という期間限定のコンセプトギャラリーでした。

また、作家自身が企画運営を行うインディペンデントでオルタナティブなスペースで、
なおかつ、コンセプトギャラリーであるという独自な展開をしてきました。

展示内容も写真、映像、美術、パフォーマンス、など横断的な表現領域を、
また、「トークショー」「ポートフォリオレビュー」「映像の実験」 「Photo cafe」
「写真市 Photo Marche」「Photo fes」 「自主ギャラリーの系譜資料展」など
多岐にわたるイヴェントも開催しました。

クローズ展をご覧頂き、改めてGallery Photo/synthesisの3年間の活動を
記憶に残していただければ幸いです。

■関連イベント
・《Gallery Photo/synthesis最後の晩餐会のお誘い》

・《閉廊前夜に開催!》身体のワークショップのお知らせ

 

《閉廊前夜に開催!》身体のワークショップのお知らせ

—————————————-

Gallery Photo/synthesis 閉廊、活動の終了のお知らせ

2014年8月1日、四谷四丁目にオープンしましたGallery Photo/synthesisは
オープン当初の予定どうり、2017年6月をもちまして閉廊いたします。

Gallery Photo/synthesisクローズ展「水無月閉廊」6月4日(日)~6月25日(日)
以上の展示にてGallery Photo/synthesis の活動を終了いたします。

Gallery Photo/synthesisは、3.11によって再認識した、記憶と身体を核として、
「写真と身体」をテーマとしたコンセプトギャラリーとして展開してきました。

展示もすべてメンバーによる企画展、(須田一政展、関口正夫展なども)
メンバー企画による「トークショー」 「Photo cafe」 「写真市 Photo Marche」
「ポートフォリオレビュー」 「映像の実験」 「自主ギャラリーの系譜資料展」
など開催しました。

3年弱の期間ではありましたが、展示(写真・映像・美術)、企画、イベントなど
横断的な表現の場として展開することができました。

また、ギャラリー活動による、多くの出会いはメンバー個々のこれからの活動
の糧となるでしょう。

多くの皆様に、ご支援、ご協力いただきましたことを深く感謝いたします。
ありがとうございました。

Gallery Photo/synthesis メンバー
平賀淳、大塚勉、後藤元洋、村田都

 

平賀淳写真展「花街2015-2017北陸編」

会期:5月5日(金)〜28日(日)*5日(金)と土日のみ開廊
時間:13:00〜19:00

Gallery Photo/synthesisとしては最後の個展となります。
「花街」シリーズの最終章として、2015年より北陸、2016年より東北の日本海側を撮っています。今回はその北陸編として富山・石川・福井を撮影しました。
東北編は8月スタートの新ギャラリーで発表したいと思います。

後藤元洋展 「絶対安全 -under control- [OPERATION OLYMPIC GAMES] オリンピック・ゲーム作戦 -」会場で行われたパフォーマンス映像

後藤元洋展 GOTO Motohiro Exhibition

絶対安全 -under control-
[OPERATION OLYMPIC GAMES]
オリンピック・ゲーム作戦 –
2017,02.11-02.26
Gallery Photo/synthesis (Tokyo,Japan)
会場で行われたパフォーマンス映像

[2010 Natanz Iran] [2020 Tokyo Japan]
[Stuxnet : Flame] [High-Level Radiation-Contaminated Water]
[Natanz Nuclear Facility] [Fukushima Daiichi Nuclear Power Station]
[malware] [Melt-through]
[Obama] [Abe]

 

展示はヴィデオ インスタレーション-Video Installation-。
鑑賞者の身体をセンサーにしたインタラクティブな作品。

基本システムはヴィデオ・フィードバック(Video-Feedback)。設置した入力カメラ映像において
ブロックノイズを派生させ、フィードバックによりノイズを変成、増幅させる。
ノイズ信号の無限の循環・暴走する状況が映像として投影される。

また、入力時のブロックのノイズに生成は物理的な外的要因に反応して生起する。
投影された映像は、当然プログラムされたものではなく、外的要因によって生じた暴走により生成した、
予想不能な制御されていない、再現不能のその場かぎりの映像である。

外的要因によって、科学技術が暴走し制御不能な状況は、福島第一原子力発電所の今を想起してほしい。

会場写真